後悔できない理由…

00000419
LINEで送る
Pocket

自分の子育てを振り返ると、

それが、完璧だったとは思わない。
足りないことも沢山あっただろう。
けれど、

私は、私に出来る限りを、子ども達に
注ぎ、真剣に向き合ってきた。

我ながら、「母親になる」
ことの凄さに、驚いた。

子ども達が、引き出してくれた
「母性」の力とは、凄いものだった。

母になったことで、自分が、
人として「どう在るか」を

探求する勢いも加速した。

だから、子ども達に感謝している。
感謝してもしきれない程だ。

もう一度、やり直したとしても、
私は、この「16年余の母親として
の私」以上のことは、到底できない。

全力で、やりきってきたことを思う。
懸命に育ててきたことを思う。
正直、私に子どもが授かったことも
この16年間も、私にとって奇跡なんだ。

だからだろう、私はこれまでの
子育てを、後悔することができない。

もし、他者からあれや、これやと、
批判を並べられたとしてもだ。

他者からの批判に対して反論する
気もない。他者が、どう考えるか、
感じるかは、他者の自由だと思う。

自分がどう考え、感じるかが、
自由であると同様に、他者の自由も
尊重したい。

ああ、そうなんだ…

後悔しないんじゃなくて、

「後悔できない」んだ。
「後悔しない」は頑張りが要るが、

「後悔できない」は、頑張りが無い。
「後悔できない」は、

無駄な苦しみ が無い。

「後悔できない」為には、
全力で生きること。

いま、出来ることに集中すること。

全力で「いま」に在ることなんだ。

と、そんなことを思った。

 

LINEで送る
Pocket