セントラル楽器の会長から嬉しいお話

LINEで送る
Pocket

ふるさと学園

昨年7月、私のファーストアルバム

「おぼらだれん」をリリースさせていただいたレコード会社

セントラル楽器の会長から嬉しいお話しを聞かせていただきました。

昨日会長が、ある会合に出席したところ、

一人の女性が徐に歌の歌詞が書かれた紙を、出席者お一人お一人に配り始め、

「徳之島に旅行した時、カラオケでこの曲を歌っている人がいて、

知りました! いい曲なので、皆さんに紹介したくて…」と

その女性から渡された曲が、なんと、私のオリジナル曲

「フーグァ 福をもたらす子」だったのだそうです!

会長は、その女性から「どうですか?いい曲でしょう!」と言われて、

「はい、これは、うちの会社から出してるものですから…

よ〜く知ってますよ〜!」とお返事したと、

「嬉しいですね〜‼」と、とてもとても喜んでおられて…。

共にした仕事を、やって良かった!と思っていただけるのは、

私としてもこんなに嬉しいことはありません。

また、そのようにして、

私の歌を紹介して下さっている方がいるということに…驚きと、有難さと、

何とお礼を申し上げればよいのか、言葉が見つかりません!

本当に、本当に、ありがとうございます!

おぼらだれん‼(徳之島の言葉でありがとうございます。感謝します。の意味)

写真は、支援施設「ふるさと学園」さんでのライブの一コマです。

素敵な出逢いがいっぱいでした〜^ ^。

LINEで送る
Pocket