次女の運動会

00000692
LINEで送る
Pocket

一ケ月前から時計台に飾られる
運動会横断幕の作成に明け暮れていた次女。

毎日、体育着は汚れ、帰りが遅くなっても、
不平一つ言わず黙々と、制作に勤しんでいた。
運動会前日の放課後には、
教室の黒板いっぱいに、友人達と
クラスの仲間達へ向けて、
メッセージと絵を描いて来た!
とはしゃいで語っていた。

「運動会を、思いきり楽しもう!」
を伝えたくて、思いついた
自慢のキャッチは、
「アモーレたちよ、ひとつになろう‼︎」

…だそうだ(笑)
当日も、彼女の熱さは、
ハンパ無かった。

どの競技も全力、係の仕事も全力!は、
彼女にとっては、当たり前。
フツーのことだ。
クラス対抗の「大縄とび」は、
クラスの仲間達が一丸となって
ほんと、みんなみんな素敵だった。
結果なんて、彼女は気にもしておらず、
「次は、合唱祭だ!」と、
次のまつりに向けて意欲満々である。
(笑)

改めて思ったことなんだけど、
彼女の何が凄いって、
常に、その状況を楽しむことに
全力であるということ。
この能力って、凄い能力だと思う。
運動会を、こんなにも楽しめる
中学生っているだろうか?!
って思うほどなのだ。

そして、もう一つ、
この人は、ほんとに、
愛でいっぱいなんだってこと
を思う。
クラスメイトや他のお友達

一人一人への眼差しがあたたかい。

それから先生方へも、

そして自分自身への眼差しも

あったかい。
だから、他人の活躍や喜びも
心から祝福するし、
自分が活躍したり、楽しんだりする
ことにも、なんの引っ掛かりも無く、
祝福しているのだ。

それが、私は、何より一番嬉しい。

順田ひろみ 

あのイベントが再び!
順田ひろみのチケット発売中。

http://blog.juntahiromi.com/archives/1236

LINEで送る
Pocket