小学校の時の恩師から電話

LINEで送る
Pocket

唄のことで、気にかけてくれた恩師
島の小学校の時の恩師が電話をくださいました。

卒業以来、文通を続けて 30年以上経ちます。

私の生きざまをずっと あたたかく見守ってくれました。

先生からいただいたものは、本当にたくさんあります。

畑と牧場で忙しく働いていた母からは、教えて貰えないこと
も、先生から教わりました。美味しい紅茶の入れ方とか…

初めて、手作りのシュークリームをご馳走になった時は、
あまりの美味しさに、ぶったまげ!ました(笑)。
作り方を教えて貰えた時は、感動で震えた(爆)。

当時の徳之島では、普通のショートケーキでさえ
珍しかったのですから^^。殆どの島民は、
そんなハイカラなものの存在すら知らなかったと思います。

しかし、いただいたものの中で、一番大きなものは、
一番しんどかった時に言ってくれた
「あなたは、大丈夫!」という言葉…

「この先生はまったく 私を信じてくれている」
それがどれほど大きなものだったか…
どれほど支えになったか…
今思うだけで、涙がでてきてしまいます。

そんな先生も楽しみに待っていてくれている
オリジナル島うた…
しっかり取り組んで参りたいと思います。

LINEで送る
Pocket