働かないアリ

00000379
LINEで送る
Pocket

「働かないアリ」

北海道大学大学院准教授、
長谷川英祐先生率いる
チームの研究で、発見されたことが興味深い。

アリのような社会性昆虫の集団には、
常に2~3割の割合で「働かない個体」が存在する。

こうした働かないアリは
集団の短期的な生産効率を下げ、
一見無駄に見える。

ところが、研究チームは
シミュレーションにより、集団には
「常に誰かがこの働きをしていないと
全体が致命的なダメージを受ける仕事」
がある…という発見に至った。

集団の長期的存続のためには、
常に働かないアリを
常駐させることが必要なのだ。

一生、働かないアリも存在していて、
「働かないという働き」を
引き受ける個体を、集団が必要として
いるということなのだ。

「働かないという働き」がある。

一見、無駄に見えたり、
必要ではないようにみえる存在が、
実は、そうではない他のものと
同じように、重要な働きを果たしている…
ということがあるんだと思う。

「存在しているだけで、すでに働きが生じている」のだ。

いらない人は、いない。

順田ひろみ

もう登録しました?

ブログ更新情報やコラム&写真をお届け!
順田ひろみメルマガ登録はこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://55auto.biz/junta/touroku/hiromi.htm

LINEで送る
Pocket