敗北なんかじゃない。彼女の素敵な旅立ち

img_5291.jpg
LINEで送る
Pocket

今日、友達が旅立った。
50歳。乳癌を患っていた。

虫の知らせってある。
遠く離れていても旅立つ瞬間がわかることってある。

私は、キミワルがられないように
遠慮がちに連絡したつもりだけど、
友人でもある彼女の夫は、
「あ、この人、分かったんだなと思いました。」とあっさり言った。
彼はそういう野性味を自然と受け入れていた。

なんだ、だったらつまらない遠慮なんか
しなきゃよかったと思いながら、
とりあえず、私の身体は新幹線に乗り込んでいた。
迎えてくれた彼女の夫は、私の到着を喜び、
「来てくれたよ!」と愛妻に伝えた。
いつものように。病室のベットに眠る彼女は、
にっこりと笑っているようにしか見えないような表情で、
実に可愛かった。美しかった。いつも私が訪問することを楽しみに待っててくれて、
私たちは、たくさんおしゃべりしたり、歌ったりした。死を忌み嫌う人たちが多いけれど、
その考え方ができないタチである私。
そんな私といると安心する、
静かな気持ちになるのだと彼女は、喜んでいた。

死は敗北と考える人たちもいる。
死が悪いものと考えるならば、それが起こることに怯える。

彼女は、恐怖心を煽る人たちを嫌い、
「どう思う?」って私に聞いた。

「それは、その人の意見でしょ。
私はそんな風には考えない。違うと思うな。」って
私は答えた。

「死ぬことより、あんたが怖いよね〜!」と
おととい、亡くなる2日前、私たちは笑った。

死は、究極の癒しだと、私は考えてる。
ちっとも悪いものなんかじゃない。
だから、怖がらなくていい。…と、私は考えてる。

起こることを起るままに。
この生のどの瞬間も、死の瞬間でさえも、いやその後だって、
プロセスを信頼して、任せておけばいいのだと私は彼女に言った。

青虫が蝶になる前にドロドロになる、それ。
水が、雲に変化する前に蒸気になる、それ。
あらゆるものの変化変容のプロセスのうちの、ほんの一点しか、
私たちは知ることができない。
壮大なプロセスが、いまも尚、起こり続けている。
彼女は、「あ、そうだ、あのね」と、近頃あった嫌な出来事を、
腹に貯めないで、「嫌だったんだ」と、吐き出してくれた。
で、それに対する私のコメントに彼女は笑い転げた。
身体は、もう、ほぼ動かない。
でも、「笑い転げる」という表現がぴったりな笑い方だった。
彼女の身に起きた様々な出来事への、
私の感想、コメントが面白いと、
彼女に、とってもウケるので、私のトークも調子付いて、
キレッキレに冴え渡った。「もっと早く、ひろみさんに出会いたかったなあ」 

こんな話しをもっと聞いていたら、
そしたら、もっとラクに、苦しまずに生きれたのに。
こんなに体を痛めつけずに済んだかもしれないのに。

そんなことを彼女は語った。

死の恐怖に怯え、闘病に苦しんでいた彼女が、
私と会うようになって、明るく穏やかになってきたと、
ご主人も喜んでくれた。

バカはうつるという。おめでたさもうつる。
そういう類の現象なんだと思う。

もう、すでに呼吸も苦しくて、
その上、口の中が乾燥して、
痛くて話せないらしいと聞いていたのに、
意識がもうろうとしてて、
寝てしまうかもしれないと聞いていたのに、

そんなことが信じられないくらいに、
いっぱい話してくれた。
意識もまったく、スッキリ、ハッキリしていた。
そして、彼女からの沢山の質問に、私は、私なりの考えを述べた。

とっても、とっても、嬉しそうだった。

気持ちがラクになる。体もラクに感じられると彼女は言った。

 話の途中、「スイカが食べたい。」と言い出して、美味しそうに食べた。

それから、炭酸水に氷を入れて、ザクロのエキスを入れて欲しいと頼まれて
作ってあげると、「おいしい〜!」とはしゃいだ。

「で、なんだっけ?続けて。話して。」と、
彼女の質問は続き、私は、自分がこれまで経験してきたことや、
学んできたことを話した。

正直に。そして、誠実であることを意識しながら。

私は、その日、帰ってからも、
彼女の質問に答えきれていない気がして、
次に会う時じゃ間に合わない気がして、昨日も、
彼女のご主人のアドレスにメールを送った。
早く彼女に伝えてほしくて。

今朝も、また、追加のメールをした。

なんと、ギリギリまで、まさに、
死の直前まで、私たちは、対話していたのだ。

彼女は、自らのあまりに沢山の思い込みに気づき始めていて、
それを明らかにしようとしていた。

思い込みによって作り上げられた恐怖を越えていこうとしていた。

私からのメールの内容を聞いた彼女は、
とても嬉しそうに「うん、うん」と、頷いていたという。

これをそのままにしては、死ねない。
と言わんばかりの、最後の最後までのやりとりに、
今更ながら、感動する。

彼女のプロセスは、明晰に、意識的に進んで行った。
ジタバタすることなく、静かに、荘厳に運ばれた。
これを、素敵な最期、旅立ちと言わずして、
何を、素敵というのだろう。敗北なんかじゃない。
彼女は、素敵すぎるほどに素敵な旅立ちをしたのだ。
だから、あえて私は、
お疲れ様、そして、おめでとう!を贈りたい。この出会いに心からの感謝を込めて。

追伸、

有り余る程のお金やものをかき集めることや、
名声や、あれやこれや、
そんなことの為に私たちは生まれてきたんだろうか?実は、私たちの旅立ちまでの時間は思うより短い。

大切なことを後回しにしない!ことを、
改めて、思う。優先すべきことは何なのか?
いま、何する? …のか。

順田ひろみ

LINEで送る
Pocket