学校へ行かないを、やれる力

LINEで送る
Pocket

たった一人でも、やる!
たった一人でも、やめる!

自分一人で、行動を起こすことは、
あるいは、一人でやらないことは、
大変な勇気のいることです。

それは君にとって難しいことかもしれません。

しかし、他のみんなが、どうであれ、
たった一人であったとしても
「やる!」あるいは「やらない!」
行動を起こせる人間であってほしいと思います。

子どもである君にとってそれは大変なことですか?

たとえば、それが、「学校へ行かない」ことだったとしたら、
行動に移しにくいかもしれませんね。

多くの人達にとって、学校へ行くことは当然のことだから。

しかし、それは1つの思い込みに他ならないのですよ。

「学校には絶対に行くべきもの」
これは、全くの思い込みです。

たとえそれが、学校であれ、
どんな場所であれ、「行きたくない」
と思うのであれば、

勇気を持って行かないことは、とても大切なことなのですよ。
君が「行きたくない」と思っても、君は悪くないのです。

現代において、学ぶことは、学校でなくともできます。
必ず、道は開かれます。

現に学校へ行かない選択をしたことで、
素晴らしい道へと開かれた先輩達だって
沢山います。

何の為の学校なのか?
自分がどう成りたいのか?
しっかり自分と向き合って、
自分で考えてほしい。
自分で選んでほしい。
自分で決めてほしい。

時間はいくらでも使って考えていいのです。

自分と向き合い、自分で考えることを、
やめないでほしい。
これほど大切なことは、他にありませんから。

命についても、ぜひ、考えてみてほしい。

自分が作ったのではないこの身体、
まさに自然が作ったこの身体の不思議。
自分という存在の不思議。
他者という存在の不思議。
この世界は、不思議に満ちています。

この不思議に目を向けてみると、
よくよく、観てみると、
君は、必ずや、奇蹟を発見することになります。

それは、それは、
世界がひっくりかえるほどの、
衝撃と感動へと開かれていくことになるでしょう。

8月31日  のこの日、

子ども達の自殺が最も多い近年。

子ども達へどうか届きますように。

順田ひろみ

LINEで送る
Pocket