子ども達を守ろうよ!

LINEで送る
Pocket

日大のアメフト部監督、コーチ、学長の記者会見、学校関係者のコメントや文章に現れる『立場主義話法』の気持ち悪いこと!!

純朴さと誠実さ漂うあの選手(生徒)が、なぜあんな酷い反則行為をしたのか?反則と分かっていながらなぜ、やめられなかったのか?

それは、そのように教育されてきたからではないだろうか。教師や監督を恐れる、恐怖心をしっかり植え付けられ、命令に盲目的に従うように教育されてきたからである。

彼は、従順な戦士となるように教育されたのだ。彼が優等生であったからこその悲劇であると思う。彼は、第二次世界大戦の時に、敵艦に突っ込んでいった特攻隊の少年たちと同じなのだ。周りの立場主義者らによってそう成るように育て上げられたのであり、まさに教育の成果である。

日大の監督やコーチや、あの記者会見の時の日大の司会者、学長、どれもまったくもって酷い在り様だったけれど、しかし、彼らは、特殊なヒト達ではない。そこここの学校や、教育の現場に彼らのような自分の立場を守ることしか考えていない立場主義者はいる。

親は、それを理解しておいた方がいいと思う。また、学校という所では、教師と生徒の関係性において、教師が圧倒的な力を持っている。子ども達は教師に従う以外選択は無い。現代においても教育という名の元で、本質を見極める目を摘まれ、自尊心や、まともな思考力を奪われ、正しい判断力を奪われ、彼ら立場主義者に都合良く扱われて、挙げ句の果て、不都合なことが起こると、巧みに責任逃れされて、見捨てられるということだ。

それは、よそ事では無いことを、親は知っておいた方が良い。自分の立場を守ることしか考えない立場主義者の言う、巧みな『立場主義話法』に騙されてはいけない。「おかしい」と感じる、疑問に、蓋をしないこと。しっかりと、疑う知性、力をつけることだ。誰かの言うことを鵜呑みにしないで自分で確かめよう。

納得いかない時は、動かないでいい。

立ち止まる勇気こそ大切である。と私は思う。

この度、怪我をした選手、加害者となってしまった選手を守ってあげてほしい。また、他の選手達、そして、全ての子ども達を、ちゃんと守ってあげられる社会であってほしいと切に切に思う今日この頃である。

心からの祈りを込めて。

順田ひろみ

LINEで送る
Pocket