学びの欲求は自然と起こるもの。

IMG_8730.JPG
LINEで送る
Pocket

久々に、嘔吐下痢で、1日寝込んだ。

同じ食事をしたアルパカさんも同じ症状だったことから、食あたりと思われる。
けれど、経過順調で今日はスッキリと、

朝から洗濯、掃除と身軽に動いている。

それにしても人間の身体ってすごい。
そして、健康で居られることの有り難みを忘れていることに気づかされる。

私の身体への好奇心は、このような状態の時も尚、チャンスとばかりに観察の眼を輝かせることになる。

だから、身体はしんどいけど、退屈しなかった。ある意味面白くすらあった。(笑)

どんな状況下でも、そこは学びに満ちていることを思う。と同時に、知的好奇心とは自然なものだということを思う。
娘のポンさんは、近頃は暇さえあれば勉強してる。まるで趣味だ。

つい先日、現役東大教授の著書

『独学勉強法』なる本が、彼女のバッグの中に入ってたのを発見した。

(笑)

うちの母に至っては、TVで箱根駅伝を見ながら、

ノートに順位や、選手の身体的特長、出身地、それから、感想等を記録していた。レポーターでもないのに。(笑)

多分、何の役に立つ訳でもないと思う。けれど、何かの役に立つとか、立たないとか、そんなことは、問題ではない。
学びたいから学ぶのだし、研究や探求は、自然と起こるもの。

それは、快感をもたらすものなのだ。

自然と、興味関心の向くままに、

学びを愉しむということの豊かさを思う。
気分新たに、腸もスッキリと、

気持ちのいい朝である。

順田ひろみ

LINEで送る
Pocket